各種団体連携事業    

うつくしま広域スポーツセンターでは各種団体連携事業を実施しています。昨年度は学校をツールとしてクラブの課題を解決したり、県ラグビーフットボール協会の協力を得て交流大会を開催したりするなどの事業を実施してきました。今年度の各種団体連携事業は、「企業とクラブ」「大学とクラブ」の連携をテーマに事業を行うことになりました。

6月7日(日)白河市の第一市民体育館で、スポーツクラブ「仲間」と卓球のラケットのラバーなどを製造している株式会社朝日ラバーの協力を得て卓球教室が行われました。
当日は朝日ラバーの卓球の指導者4名の他に、朝日ラバーと関連がある株式会社タマスより元全日本チャンピオンの岩崎清信氏を講師にお迎えして、スポーツクラブ「仲間」からは20名が参加しました。


【企業の方々の模範演技】

  午前の部は主にシングルの攻撃型とカット型のフットワークの練習が中心となりました。午後は主にダブルスのフットワーク練習に加えてボールを呼び込むコツやディフェンスのポイント、さらにサーブ、レシーブなど技術力向上の講習内容となりました。
 教室参加者は普段とは違った指導者に指導を受けたということで充実した様子が伺えました。この事業は今後も月2回のペースで行われ、全10回程度実施する予定です。


【朝日ラバーの指導者の方々】 

 


【株式会社タマス 岩崎清信 氏】

 


【フットワークの練習】


【サーブ・レシーブの練習】