日  時:平成28年9月28日(水)  
視 察 先:山形県飯豊町 NPO法人いいでスポーツクラブ キララ☆
     山形県小国町 NPO法人おぐにスポーツクラブ Yui
参加者数:11名

【研修の概要】

 9月28日に会津地区エリアネットワーク事業視察研修が行われました。今年度は、町のスポーツ振興と普及を目的として、町と連携して各種事業を展開されている、山形県飯豊町の「NPO法人いいでスポーツクラブ キララ☆」及び山形県小国町の「NPO法人おぐにスポーツクラブ Yui」を視察先としました。会津地区からは5クラブ11名の関係者の方々が参加されました。

< NPO法人いいでスポーツクラブ キララ☆ >

 

 クラブマネジャーの長岡氏より、設立の経緯、目的、会員の年齢層、財源、会費、クラブの特質等、説明していただきました。理事長の伊藤氏からも、町体育協会が設立母体であり、スポ少の事務局を担っていること、町教育委員会からの業務委託、公民館との連携など、キララの運営の特徴を丁寧に説明いただきました。会員自らトレッキングクラブを組織するなど、クラブ内でも自主的に活動をする集まりが見られることなども報告にありました。
 町教育委員会の伊藤氏も設立準備から携わっており、「キララなくして町の社会体育は成り立たない」との話があり、各種業務の委託等、今後も連携を密にしていきたいと話されていました。
 参加者からは、行政のサポート体制、業務委託、財源確保を中心に質問がされ、キララ関係者だけでなく、町教育委員会の方々にも丁寧に回答をいただき、有意義な意見交換となりました。
 飯豊町との連携がなされ、町になくてはならない存在になっていると感じました。また、東北で初めてのスピードミントン教室の開催、シニア会員の獲得に固執しないことなど、キララの教室開催における独自の視点も勉強になりました。

 


理事長の伊藤氏(右)、クラブマネジャーの長岡氏(左) クラブ運営について、丁寧に説明をしてくださいました。

 

各クラブの参加者からも質問が多く出され、有意義な意見交換の時間となりました。

飯豊町教育委員会の伊藤氏(右)、後藤氏(左) 町のスポーツ振興についても説明をいただきました。

   

< NPO法人おぐにスポーツクラブ Yui >

 

 理事長の舟山氏から、クラブの概要(運営、財政面等)説明に続いて、クラブマネジャーの藤田氏からは、事前に報告しておいた質問内容に一つずつ回答していただきました。
 設立準備時に、町の社会体育の課題をもう一度見つめなおし、町に合った総合型スポーツクラブを2年かけて設立していったこと、将来の財源確保のため、「活動基盤確立検討ワーキング会議」を組織し、何度も検討を重ねたこと、法人格取得、指定管理など、これまでの経緯が説明され、今後も健康で笑顔で過ごせる町となるようにしていきたいことも話されていました。クラブ独自のスポ少、フリーパスの導入、多種目教室「楽スポ」の開催など、クラブの創意工夫も説明いただきました。会員・スタッフの高齢化に対応するとともに若い世代をますます育てたいこと、体育館内のラウンジを喫茶店等に有効活用するなど、今後のビジョンについてもお話いただきました。
 各クラブからは、指定管理、特色ある教室開催、年会費や参加料等を中心に質問があり、反対に舟山氏からもそれぞれのクラブに意見を求めるなど、活発な情報交換の場となりました。
 舟山氏の先見に立ち地道に手を打っていく考え、藤田氏のきめ細やかな会員への対応など、参考になるものが多い視察となりました。

理事長の舟山氏(右)、
クラブマネジャーの藤田氏(左) 設立経緯から、丁寧に説明をしてくださいました。

 


舟山氏からも各クラブに意見を求めるなど、貴重な意見交換の場となりました。

プレゼンでは、舟山氏、藤田氏のクラブ経営に対する熱い思いも伝わってきました。