開催場所 福島市男女共同参画センター ウィズもとまち

開催日時 平成29年3月17日(金)13時30分

出席者数 19名(企画運営委員9名  事務局10名)

1 開  会

2 あいさつ  うつくしま広域スポーツセンター企画運営委員会委員長  鈴木 浩一

3 議長選出  委員長 鈴木 浩一

4 報告事項 

(1)平成28年度うつくしま広域スポーツセンター事業報告について

5 協議事項

    (1)平成29年度うつくしま広域スポーツセンター事業計画(案)について

    (2)平成29年度うつくしま広域スポーツセンター収支予算(案)について

    (3)その他

6 その他

7 閉  会

<会議の概要>

 本年度最後となる第3回企画運営委員会が、9名の委員の出席のもと開催されました。

始めに、委員長の鈴木浩一氏(福島陸上競技協会会長)より、2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、競技スポーツはもちろん、地域スポーツも活性化されることが予想され、その中心を担うのが総合型地域スポーツクラブとなれるように、また、よりよい事業にするためにさまざまなご意見を出していただきたい旨のあいさつがありました。その後、鈴木氏が議長を務め会が進められました。

 報告事項では、平成28年度広域スポーツセンター事業の進捗状況の説明がありました。今年度7地区で実施したエリアネットワーク事業については、事業に参加されたクラブや地区の基点クラブの事後アンケートをもとに報告がありました。事業の有効性等については、多くのクラブから肯定的な意見が出されていました。しかし、基点クラブの事務的な負担が大きくなっている現状が見られるようになってきました。それらの意見を29年度の計画に反映させていくことが説明されました。

また、県内のクラブの現状報告についても説明があり、広域スポーツセンターとして、これまでの育成支援を充実させるとともに、行政との連携をさらに進められるような市町村訪問、クラブ訪問等を計画的に実施することが報告されました。

協議事項では、平成29年度の事業計画(案)についてご意見をいただきました。特に、障がい者スポーツ協会・障がい者スポーツ指導者協議会との連携事業では、事業の必要性はもちろん、その難しさや配慮すべき点等について、委員の方々から多くの意見をいただきました。


鈴木浩一委員長 委員の方から多くのご意見を引き出してくださいました。

1年間お世話になりました。ありがとうございました。

 また、今年度最後の企画運営員会ということもあり、会の最後には出席された委員の方々一人ひとりからご意見をいただきました。多くの励ましのお言葉もいただき、さらに事業性を高める努力をしていかなければならないことを改めて実感しました。

14名の委員の皆様には大変お世話になりました。今後も広域スポーツセンターの事業に対しましてご理解とご支援を賜りますようお願いいたします。