日  時:平成29年11月25日(土) 9:30~11:30  
場  所:天神岬スポーツ公園サイクリングターミナル(楢葉町)
出席者数:32名
講  師:愛川政弘氏
     (福島県教育庁いわき教育事務所主任社会教育主事指導主事)
     (元浜通り広域スポーツセンターチーフマネジャー)

講師の愛川氏 
現在の立場(教育関係者として)からの話もしていただきました。

【研修の概要】
 初めての双葉地区エリアネットワーク事業研修会を楢葉町の天神岬スポーツ公園サイクリングターミナルで開催し、6クラブから関係者32名が出席しました。今回の研修では、元浜通り広域スポーツセンターチーフマネジャーの愛川政弘氏をお招きし「双葉地区の総合型クラブのこれから」をテーマに研修を深めました。
 創設期、震災時、震災後の立ち上がり等を振り返り、双葉地区のクラブの前向きで積極的な取り組み、協力体制について確認していきました。各クラブからも今現在の活動の様子についての報告もありました。愛川氏からは、学校の現場に戻ってから、広域での経験を活かした場面についての話がありました。現在、勤務されているいわき教育事務所で総合型クラブの参加により地域課題の解決に繋がる事業についても紹介がありました。「立派なことより大事なものを」「人のつながりが安心感に繋がる」「自分たちができることから始める」など、講義の中の一言にも、総合型クラブの今後のあり方のヒントがあるように感じました。

 活動再開が難しいとされた双葉地区の各クラブへ寄り添い、親身になって相談を受け、支援を続けた愛川氏の取り組み、姿勢は、各クラブにとって大きな励みとなっていました。参加者も今後の活動へ向けて気持ちを新たにしたように感じました。大変有意義な研修会となりました。

 

数多くの写真でその時々を振り返り、双葉地区の総合型クラブの   各クラブからの話も聞きながら、今後のクラブのあり方について
協力的なところ、積極的なところを確認していきました。      一緒に考えていきました。