総合型地域スポーツクラブの特徴

toku1.gif 1 自主運営型クラブ
 住民の手によって育てられ、メンバーである住民の自主的・主体的な運営によって成り立っている、コミュニティに強く根ざした組織です。

toku2.gif 2 受益者負担型クラブ
 地域住民により自主的に運営される総合型地域スポーツセンターは、その運営経費も会員の会費等で賄うことが大切です。

toku3.gif 3 多種目型クラブ
 人生のいろいろな時期に、好きなスポーツをその時々の目的で楽しむことも認めようといった、柔軟なとらえ方も取り入れています。

toku4.gif 4 多世代型クラブ
 それぞれのライフステージの状況に合わせ、途中での種目変更や中断・再開など、様々なシーンに対応することができるのも特徴の一つです。またクラブ内に世代間のつながりがあるため、ボランティアによる若い世代の育成にもつながっていきます。

toku5.gif 5 文化複合型クラブ
 スポーツクラブであると同時に様々な文化活動および社会活動も行われ、フリーマーケット、ボランティア活動、地域の伝統行事への参加など、地域社会と深くかかわることができ、子どもたちの健全な育成にも役立ちます。

toku6.gif 6 一貫指導型クラブ
 世界レベルの選手を輩出するためには、小さな頃からいろいろなスポーツに触れる機会を持たせることが大切です。総合型地域スポーツクラブを通じ少しでも多くの人材の中から優秀な選手を発掘し、長期的な視野に立って育てる場にもなると期待されています。